緊張して指輪が入らないなんてトラブルも?!指輪の交換で気をつけること

注目されるからこそ!姿勢に気を付けて

ゲスト・カメラマンの注目が一気に集まる瞬間のひとつが指輪交換。できるだけスムーズかつスマートに行いたいですね。ここで気を付けたいのは「姿勢」。指輪交換を行っている間はシャッターチャンスでたくさんの写真を残してもらえます。ついつい指輪をはめることに真剣になってしまい、猫背になってしまう新郎新婦が多数。背筋は伸ばしたまま、自然に目線だけ指輪を見るようにすればいいですね。指輪をはめてもらう手は、ぴんと伸ばしたままだとかえって指輪が入りにくくなってしまいます。自然に力を抜いて揃えるようにしたいですね。指輪交換中の表情もカメラに収めてくれる場合も多いです。あまり真剣な顔はちょっと怖いかも…。自然にほほ笑む余裕があれば気を付けたいですね。

右手も意識するとよりきれいに!

特に注目が集まる新婦。指輪交換中も指先まで意識をしておきたいものです。左手に指輪をはめてもらっている最中、もちろん右手もゲストは見ていますしカメラにも残ります。そのままだらんと下ろしているだけだとちょっとだらしない印象に…。自然とお腹の前で揃えてみたり、左手の下に添えるように揃えるととてもきれいです。新郎が新婦に指輪をはめてもらっている間も、右手は自然に下ろし、軽く握るようにしておくといいですね。
「指輪がはまらない!」と思っても、慌てなくてOK。ゆっくり指輪交換を行った方が、ゲストもじっくり写真を撮ることができます。当日式の流れを確認したときに一度練習しますし、式場スタッフも指示をしてくれるので安心してください。

© Copyright Lovely Rings. All Rights Reserved.